バルトレックスの口内炎に対する処方とレビー小体病

口内炎は体の免疫力が低下することで起きる症状で、放置しておけば1週間程度で自然治癒するのが一般的です。何度も繰り返し起きる場合には、胃腸障害や、ビタミン不足が疑われるので、口腔外科などの医療機関を受診して、原因を特定することで、早期に治療することができます。バルトレックスは、性器ヘルペスに効果的な薬で、多くの場合は、感染の有無を確かめてから服用します。ヘルペスは、ウイルス性の感染症なので、完治することは難しいのですが、バルトレックスを服用すると再発のリスクを低下させることができます。ヘルペスに感染すると、免疫力が低下した時に再発する恐れがありますが、バルトレックスは再発を抑える効果があるので、ヘルペスの症状が出にくくなります。性器ヘルペスは、唇などにも感染するので、パートナーが感染していると、キスをしただけでも感染する恐れがあります。妊婦の場合は、パートナーが口唇ヘルペスなどに感染している場合は、セックスをすることはできません。レビー小体病とは、アルツハイマー型認知症に似た病気で、幻視や幻覚を見るという特徴があります。基本的な症状は認知症と同じですが、幻覚を現実だと思い込んでいるので、本人の話を否定せずにしっかりと聞く必要があります。また入浴なども無理やり入れようとすると、感情を抑えることができなくなるので、入浴が気持ち良いことなどを本人に伝えて、自分から積極的に入浴するようにすることが大切です。またレビー小体病などの認知症になった場合は、自動車の運転ができないように、免許を返納することが重要で、症状が軽いからという理由で、自動車の運転をさせていると事故を起こすリスクが高くなります。

ページの先頭へ戻る